「Go To STARDOM」決勝大会のメインMCに西川 貴教さんが決定!大手レコード会社13レーベルが審査に参加!グランプリ受賞者にはメジャーデビューに加えて賞金100万円!


サブスクLIVEとソフトバンク株式会社が共催するオーディションライブハウスイベント「Go To STARDOM」の決勝大会メインMCに、西川 貴教さんが決定しました。

また、審査員として大手レコード会社13レーベルが参加し、グランプリに選出されたミュージシャンにはメジャーデビューに加えて、活動資金として賞金100万円を贈呈することも決定しました。


審査員(レーベル)

 松元 直樹(スピードスターレコーズ/ビクターエンタテインメント)  藤田 武志(ユニバーサルシグマ/ユニバーサル ミュージック)  古屋 裕司(ユニバーサルJ/ユニバーサル ミュージック)  嶋津 央(Virgin Music/ユニバーサル ミュージック)  今村 圭介(EMI Records/ユニバーサル ミュージック)  太田 伸太郎(ソニー・ミュージックレーベルズ/ソニー・ミュージックレコーズ)  井上 佑樹(ソニー・ミュージックレーベルズ/SMEレコーズ)  正岡 洋介(ソニー・ミュージックレーベルズ/EPICレコードジャパン)  小泉 直樹(ポニーキャニオン)  小野 展稔(エイベックス・エンタテインメント)  内田 正俊(エイベックス・エンタテインメント/BIG UP!)  片平 学(エイベックス・エンタテインメント)  齊藤 晶(エイベックス・エンタテインメント)  (敬称略、順不同)


賞金(各1組)

 グランプリ:100万円  準グランプリ:50万円  審査員特別賞:50万円



「Go To STARDOM」開催概要


1.内容

「Go To STARDOM」は、「サブスクLIVE」とソフトバンクが共催する、ウィズコロナ時代を生きるミュージシャンを支援するためのオーディションライブハウスイベント。オーディションにエントリーして事前審査を通過したアーティストは、VR収録・配信設備を導入した全国約40カ所のライブハウスで、パフォーマンスをVR収録することができます。「VR SQUARE」の視聴数および大手レコード会社13レーベルをはじめとする審査員の選考により、グランプリが選出されます。グランプリ受賞者はメジャーデビューすることができ、さらに活動資金として賞金100万円が贈呈されます。


2.スケジュール

エントリー受付開始:2020年11月25日~12月18日

1次予選:2021年2月8~21日

2次予選:2021年3月1~14日

決勝大会:2021年3月31日(メインMC:西川貴教 会場:1000 CLUB powered by 5G LAB/横浜市西区南幸2-1-5)


配信スケジュールや応募要項、審査などの詳細は、「Go To STARDOM」公式ページ(https://www.subsclive.jp/gts/)をご確認ください。




© 2019 discberry.com