Copyright (c)discberry.com. All Rights Reserved.

ドローン​集中養成講座

in 斑尾高原

  4 泊 5 日  

建設、インフラ点検、災害対応、農業、危険区域作業、物流など撮影、ホビー以外でも広く 活用が見込まれているドローン。インターネットだけでは吸収しきれない知識を経験豊富な講師がレクチャーします。

テレビカメラマンとして30年程、ロケ現場で実績を積んだノウハウをドローン事業に生かし、フジテレビ系の番組を通じ、災害時のドローン活用が認められ表彰されたことをきっかけに、ドローンの災害時の有効利用を事業化する。

模型飛行機歴47年。

日本代表選手として世界大会への参加し、現在は模型飛行機の曲技飛行審査員を担う。
ドローンにおいては創世記よりドローンを自作し飛行を行い、その経験を生かし、現在は産業用ドローンの開発に携わる。

日本の警備保障業の黎明期ともいえる1966年(昭和41年)の設立以来、セキュリティ機器を中心としたさまざまな電子機器の開発を担う。

​三矢研究所ホームページ

講習監修

三矢研究所

メイン監修

宮本直也

(株式会社三矢研究所)

メイン講師

山﨑 英紀

スケジュール

​受講修了者には三矢研究所が発行する
講習終了証をお渡しします

講習内容

座学1 ―――――――― オリエンテーション、UAV とは? 操縦者の心構え、法規制、航空法、申請方法、ログ管理

座学2 ――――――――― 飛行環境(天気など)、飛行計画、メンテナンス、機体管理、バッテリーの取り扱い、事故報告

飛行実習(基礎) ―― 飛行前の準備、操作に慣れる(ホバリング、左右前後、方向回転)、スクエアフライト(機首同一方向)

飛行実習(応用) ―― スクエアフライト(対面)、対面ホバリング、X 字フライト、8 の字フライト、バーティカルボックス(立体移動)、緊急対応

飛行検定 ―――――――― 旋回場周飛行、目的地を設定し臨機応変な操作

​斑尾高原なら…

標高1,000mを超える斑尾高原の150m上空は、邪魔するもののない絶景の大パノラマ

スラロームなど臨場感のある映像が撮れるスキー場のコースを利用した飛行エリア

開けた高原でドローンを見失うことなく飛行可能

ドローン集中養成講座では提携先スキー場を募集しております。​お問い合わせはこちらから